20フィーのお顔総崩れからのフェイス投稿

若い頃20代に一度だけ、形相のたるみを経験した時があります。自分でもびっくりするほど、その形相はおばあさんのようでした。

その当時、20代という事もあり、仕事をしながら夜な夜なよく遊びまわっていたあたりだ。傍らとのお酒やカラオケ合コン、嬉しい年でした。

下手な痩身もあり、ウエイトも指しながらアフター5もしながら、不眠症の中職種にも努め、労役な四六時中でした。ただし楽しくて、これがやめられない。

ある日のお休み、トイレでゆっくりと自分の形相を覗いた一時、そこには自分の目を疑う老婆の形相がありました。一度に目が覚めるようなその形相に、何度見返しても自分の形相。

ミッドナイト更かしによる肌荒れ、下手な減食による痩身、無茶な酒飲みと、それは更に体が無意識に金切り声を上げるほどの遊びっぷりによるお顔の結果でした。

これはいけないって何を改善したかというと、正しい毎日と下手な痩身をやめることでした。心を最初によぎったことは、こういう毎日をやめなければと思った事です。

自分のライフサイクルが、こういう成行を生んです。単にそんなに思い、余裕範囲で傍らってレジャー、結構体重が増えてもよろしい。そんな想定で、何も困難をしなくなりました。

がんらい、保湿のメイク水ぐらいしか加勢とめる形相で過ごしています。メイクの熟知も保湿かカリキュラムしてればすばらしいぐらいしか知りません。ただし若かりしその素肌は、ごはんといった熟睡により、ジャンジャン見違える素肌へと回復してしまいました。

別途コンビニエンスストアの短いカリキュラムを購入しては、お肌を加勢します。3日光林立針路で積み重ねるだけで、なかなかつややかなお素肌が手に入ります。例のビタミンCが入った化粧品を使い始めたら、かゆみが出始めました。